投稿日:

ラブリー・フレンドシップを聞きながら?

今日改めて、かつてのSPEEDの曲ラブリー・フレンドシップを聞いた♪歌い方といい曲調といいデビュー当時のSPEED全開っっ!ていう感じのいかにも恋に生きる女のコの背伸び感ある一曲。
一世を風靡したSPEEDの時代が終ってから、今はこんなキンキン響かせるようなゲンキいっぱいのハッチャケぶりな歌も、はたまたすごいエアロだなというような激しい系のダンスも流行らない。それでも何かにつけ青春を一緒に駆け抜けたダンスボーカルユニットとしてのSPEEDは私の中でも時代を超えて未だにいいなと思う曲はずっといいし、今何が流行っていようが私としてのSPEEDのよさを握り続けている?
今日聞いたラブリー・フレンドシップは好きな男の子まっしぐらな思いを歌い上げる、ハッチャケテンションMAXな曲のうちの一つ。ハジケてる系の曲の中でもとくにハジケてる曲だと思う。とはいえ、歌詞は昔からそこまでしみじみ歌詞カードを見てないから聞きながら耳で覚える感じだけど、”ツーシーターで夜明けの海へ連れてって”とか”lovelyな水着を今日は持ってきたよ”とかの歌詞から察するにこれはもろにSPEEDらしい夏の曲だわね♪
そんな時期とは正反対の寒い冬の今日、時間をかけてのストレッチ中にかけてみた曲だけど、むしろ寒いときのストレッチとかウォーミングアップのときに使える曲だなーと、聞いて体温を少しずつ上げて体をほぐしていきながら思った♪この時期の体はなかなか温まらなくてから、まずは寒さでこわばりがちになった全身の筋肉を温めてゆるめていくときのプロセスが、このラブソングのテンションが上がっていくときのプロセスに重なるっていうか合う感じがするんだよね☆
とくに曲の中で歌われてる好きな人に向かってのラブ度がグングン上昇していくときのイメージとかピッタリだと思う。歌詞からするとまだお互いを知り始めたばっかりっていう感じで、しかも曲中の男のコのことが大スキなんだけど”まだあなたにとってただのgirlfriend、他のコの話しになるとキュンとなる”に続いて最後の”迷わず私を選んで”とか”他のコを見ないで”とか、カレの気持ちの方はまだ射止めてない感じが伝わってくる曲。スッピンの素顔も見られちゃうどうしようとかいかにも10代の女のコなかわいい心配だし笑。
そんなこんなで、たまーに聞くといいなって思えるSPEEDちゃんの若さハジケっぷりな一曲でした♪カラオケでも歌いたいなと思ったら未だに普通にSPEED歌うし、最後のカラオケのときはSPEEDはほとんど歌わなかったけどまたこういう曲をセレクトして歌ったら周りから若いですよねって言われるんだろうな笑。あわせて読むとおすすめ>>>>>https://squirrelkomachi.biz/